35歳以上の自然妊娠の確率は?

35歳以上の自然妊娠の確率は?自然妊娠したいあなたへ

現在の日本では、出産の高齢化が進んでいます。しかし、年を重ねるにつれ妊娠力、出産力は低下していきますので、妊娠、出産を希望したからといって、必ずしもすぐにそれが叶うとは限りません。ですから、現在、妊娠を希望していない女性も、高齢出産に関する事実を正しく理解し、ライフプランをイメージしておくとことが大切です。

 

妊娠には個人差がありますが、一般的に言うと、自然な状態では35歳を過ぎると妊娠しにくくなり、45歳以降では極めて少なくなるというのが現状です。
周産期死亡というデータがあります。これは妊娠22週以降の死産と生後7日未満の新生児の死亡数を合わせたものです。
この数字の増減を母親の年齢別にみると、20代が最も低く、次が30代、次が10代、そして40代と増えていくそうです。10代が多いのは、妊娠出産に対して準備が行き届かない人がいることが原因です。しっかりと準備を整えて迎えているであろう20代以降の中で多いのが40代です。
流産率というデータもあります。全ての妊娠における流産率が10%ほどであるのに対し、30代後半で20%ほど、40代になると40%になるそうです。これは、30代を過ぎると、妊娠に関わる面での老化だけにとどまらず、高血圧症や糖尿病などの持病またはその予備軍の存在が増え、その結果、妊娠中に合併症を起こしてしまうということも原因の一つだと考えられています。ですので、妊娠前から、生活習慣病を予防しておくこともまた、将来の妊娠出産のためにつながることだと言えるでしょう。

 

こうしてみていくと、30代を過ぎると妊娠しにくくなるだけにとどまらず、妊娠を維持することまで難しくなることが分かると思います。まだまだ先のことだと思うのではなく、早い時期から自分の人生設計の中の大切な一つとして妊娠出産について考えておくことをおすすめします。

関連ページ

高齢出産は何歳から?高齢出産を考える年齢とは?子供を産む為に
現代社会では、価値観や生活の多様化が進み、結高齢出産を考える年齢とは、結婚や出産をライフプランとして選択できる時代になりつつあります。 結婚後も、仕事の影響や、夫婦2人の時間を大切にしたいなどの理由から、
40代での妊娠と出産の危険性と医学の進歩での安全性について