高齢出産を考える年齢について

高齢出産は何歳から?高齢出産を考える年齢とは?子供を産む為に

現代社会では、価値観や生活の多様化が進み、結婚や出産をライフプランとして選択できる時代になりつつあります。
結婚後も、仕事の影響や、夫婦2人の時間を大切にしたいなどの理由から、妊娠時期を先送りする夫婦もいれば、バタバタと20代30代を過ごし、40歳でやっとゆっくり妊娠について考えられるようになったと言う人もいるかもしれません。
望まない妊娠を避けるため、宗教上の理由がない限り、避妊という選択もとられることが増えてきていると思います。

 

しかし、高齢出産のリスクを考え、30歳までにもしくは、35歳までに子どもがほしいと思う人も多いかもしれませんが、そのタイミングで避妊をやめても、すぐに妊娠するとは限りません。年と共に、増加する出産のリスクと、低下する妊娠力。正しい知識を身につけて、ライフプランを考える必要があるでしょう。

 

35歳を越えると高齢出産といわれますが、突然リスクが高まるということではなく、20代でもリスクはありますし、30歳を越えるころから高まり始めるといえるのかもしれません。
高齢出産における、主なリスクは、3つ。
一つ目は流産の増加。20代での流産が1割なのに対し、40代では2割に上ります。これは、体内で卵子が老化していくため、受精しても育つことができないものを含む確率が高くなっていくのです。
二つ目は帝王切開の増加。加齢とともに妊娠高血圧症が増えたり、体外受精により多胎妊娠が増えたりすることで帝王切開を必要とするケースが増えます。また、長い不妊治療の末に授かった子どもであり、大事をとって帝王切開で、という選択をすることもあるようです。
三つ目にダウン症などの胎児へのリスク。ある調査によると、妊婦の年齢が25歳の場合と40歳の場合ではダウン症児が生まれるリスクは10倍ほどに高くなると言われています。

 

こういったリスクを考えれば、35歳までに妊娠をと考える夫婦が多いのもうなづけます。ここで、知っておきたいのが妊娠力の低下です。
加齢に伴い、卵子が老化し、妊娠の確率が低下します。卵子の影響を受けやすい体外受精では、20〜30代前半までは30%の確率で妊娠するのに対し、40代になると10%まで下がります。
また、パートナーと過ごす期間が長くなれば、性生活の回数も減り、それが妊娠しずらさにさらに拍車をかけているとも言われています。

 

これらを踏まえて、ライフプランを見直し、妊娠出産に向けて準備を始めていくことが大切だと言えるでしょう。

関連ページ

35歳以上の自然妊娠の確率は?自然妊娠したいあなたへ
現在の日本では、出産の高齢化が進んでいます。しかし、年を重ねるにつれ妊娠力、出産力は低下していきますので、妊娠、出産を希望したからといって、必ずしもすぐにそれが叶うとは限りません。
40代での妊娠と出産の危険性と医学の進歩での安全性について