高齢出産リスクについて

高齢出産リスクについて

「高齢出産にはリスクを伴う」という話を聞いたことがある人も多いと思います。しかしながら、高齢出産だから危険、若ければ安心、ということが必ずしも言えるわけではありません。正しい知識、情報を把握して、妊娠・出産に臨むことが大切です。

 

その1.年齢と妊娠
赤ちゃんがほしいと思っても、なかなか授からない人も多く、その割合は年齢を重ねるほど多くなるようです。
一般的には、33歳から妊娠力が低下し始め、37〜38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下すると言われています。
ですので、将来的に妊娠を希望する女性は、こういったデータも視野に入れたうえで、人生プランを立てる必要があります。

 

その2.流産
流産、非常に悲しい出来事ですが、すべての妊娠のうち、自然流産率は10〜15%であるのに対し、35歳以上ではおよそ20%と高まるようです。
女性は、生まれてきたときから、体内に卵子を持っており、妊娠するまで保存されています。ですので、お母さんが年齢を重ねるにつれ、劣化してしまうのです。
流産の原因はこういった卵子の老化、またそれが原因となる胎児の先天性異常だと考えられています。

 

その3.先天異常
とある調査によると、先天異常が発症する率は、25〜29歳で1.88%、35〜39歳で2.02%、40歳以上では2.38%と、年齢が上がるほど高くなる傾向があります。
若いから大丈夫というわけではありませんが、加齢の影響も考えられる事実ではあります。

 

その4.妊娠高血圧症候群
これは、妊娠中に、むくみや蛋白尿、高血圧などの症状が起きてしまうことです。
30歳以降の出産の場合、20代と比べて高血圧になってしまう人が1.8倍に増えるとされています。これは、加齢により内臓機能等が低下してしまうことで増えてしまうようです。
担当の医師と相談の上、体重管理や、食事・栄養指導を受けていくことで予防することができます。

 

その5.帝王切開
高齢出産では、リスクを少しでも回避するため、少しのトラブルでも早めに医療介入を行うことが多いようです。また、医師により積極的に帝王切開を勧めている病院もあるそうです。それとは逆に、自然分娩志向の病院もありますから、ご家族、医師と相談の上、どちらの病院を選ぶか考えてみましょう。

 

その6.ダウン症の発症
ダウン症とは、染色体異常によっておこるものですが、先ほどもお話しした通り、加齢により卵子が老化するため、この異常がおこる確率も年齢が高くなるにつれ上がってしまいます。
20代での発生率が0.1%未満なのに対し、35歳をこれと0.3%、40歳以上になると1%になります。

高齢出産リスクについて記事一覧

現代社会では、価値観や生活の多様化が進み、結婚や出産をライフプランとして選択できる時代になりつつあります。結婚後も、仕事の影響や、夫婦2人の時間を大切にしたいなどの理由から、妊娠時期を先送りする夫婦もいれば、バタバタと20代30代を過ごし、40歳でやっとゆっくり妊娠について考えられるようになったと言う人もいるかもしれません。望まない妊娠を避けるため、宗教上の理由がない限り、避妊という選択もとられる...

現在の日本では、出産の高齢化が進んでいます。しかし、年を重ねるにつれ妊娠力、出産力は低下していきますので、妊娠、出産を希望したからといって、必ずしもすぐにそれが叶うとは限りません。ですから、現在、妊娠を希望していない女性も、高齢出産に関する事実を正しく理解し、ライフプランをイメージしておくとことが大切です。妊娠には個人差がありますが、一般的に言うと、自然な状態では35歳を過ぎると妊娠しにくくなり、...

最近は、妻の人前突入が進み、晩婚化や、高齢分娩の割合も増えています。真に40お代での懐妊、分娩も増えてきてあり、今後も上がる可能性が高いと言えます。診断キャパシティーも進歩し、また人々のボディ焦点の増量により、以前と比べれば40お代も、活発で健康なほうが多くなってきている。しかしながら、高齢分娩には最もリスキーが伴い、35年齢を境に、普通懐妊の確率が下がったり、流産や胎児の先天性変などの情報も増え...